ワイオミング州 政府観光局
 グランドティートンとジャクソンレイク
現在アメリカには 59 の国立公園がありますが、その中でグランドティートンは一番美しい公園と言われています。
この国立公園には、アメリカン・ロッキーの 中でも最も美しい山脈と言われるティートン連山が、それぞれの魅力をアピールしながら高い空に向ってそびえ立っています。そしてその麓にはジャクソン・レ イクやジェニー・レイクなどの美しく澄んだ7つの湖が点在し、近くにはスネーク・リバーがゆったりと流れ、針葉樹の森林が果てしなく続いています。
そんな 雄大な自然の中に、数多くの野生動物が生息し、訪れる人々を魅了しています。

日本人がグランドティートンの存在を最初に知ったのは、 1953 年、アラン・ラッド主演映画「シェーン」によってではないでしょうか。
あの峻険な山並み は、誰でも一度見れば忘れられないほど魅力的なのです。以後、さまざまなコマーシャルの舞台にも使われ、最近ではすっかりおなじみの景色になっています。
海抜 4,197m、麓からは 2,134m、大空に向かって鋭く伸びるグランドティートンの景観は、アメリカン・ロッキーの象徴ともいえるでしょう。