ワイオミング州 政府観光局
シュワバッカー

玄関口ジャクソン の町から89号線を北上し、ムース・ジャンクションをさらに北へ行くと、Glacier View Turnoutが左側にあります。そこからさらに北に少し行った所にSchwabacher Roadのサインがあります。ここから舗装されていない道をスネイク・リバーに向って下りて行きますが、大型の観光バスは入れません。下りきった所に駐車 場があり、そこから見るスネイク・リバーの川面に映るグランドティートンは絶景。駐車場から数百メートル右前方に進むといくつか池があり、その池に映る ティートンの景色の美しさも息を呑むほどです。早朝、日の出前にそこまで行っておいて、日の出と同時に朝焼けのティートン連山が川面に映る絶景はそこにい る人だけが味わえる感動の世界です。
シュワバッカー

ここから見えるグ ランドティートンは、映画「シェーン」で見られる景色です。映画に出てくる小屋はもうありませんが、それに似た小屋がいくつかあるので、それを写真の構図 の中にうまく入れ込むと、まるで映画の1シーンのような写真が撮れます。この辺りには野生のバッファローも頻繁に出没し、写真を撮るには午前中がベストで す。
アンテロープフラット・エリア + バッファロー

アメリカの有名な 写真家アンセル・アダムスが撮ったグランドティートンは、この展望台からの景色です。蛇行しているスネイク・リバーを手前に撮った壮観なグランドティート ンの写真は、あまりにも有名です。グランドティートンの完璧な写真を撮りたい方は、このポイントをお見逃しなく。
スネイク・リバーオーバールック - 夏    スネイク・リバーオーバールック - 冬
スネイク・リバーオーバールック展望台の夏と冬

公園内では屈指の 写真とウォーキングのスポットです。この辺りを流れるスネク・リバーは大変緩やかで、湖の一部ではないかと思えるほどです。ここも早朝、まだ風が出る前に 行くと、ティートン連山の中の一つ、マウント・モラン(Mt. Moran)が奇麗にスネイク・リバーに姿を映してくれます。この辺りはムースの棲息地として最適な所で、ムースを頻繁に見かけます。他にもペリカンや、 白鷺のような水鳥も豊富に見られます。高山植物を楽しみたいのであれば、少しメイン道路から外れてキャトルマンズ・ブリッジ(Cattlemans Bridge)まで行ってみましょう。6月中旬から7月まで美しい花が一面に咲き乱れます。
オックスボウ・ベンド

公園内にある高級 ホテル。広く大きなロビーから見えるグランドティートンの山並みは、一見の価値があります。裏庭に出ると広い湿地帯を見下ろしながらティートン連山が一望 出来ます。この湿地帯はムースが好む場所で出会う可能性も大です。このホテルのレストランは絶対のお勧めです。ギフト・ショップもユニークで充実した内容 です。
ジャクソンレイクロッジの裏庭から見たティートン連山
ジャクソン・レイク・ロッジ

ジャクソン・レイ クはどこから見ても奇麗な湖ですが、道路脇から簡単に見えて絵になる場所は、ジャクソン・レイク・ダムから南にほんの少し行った所です。このスポット辺り は道路幅が広くなっていて、車を簡単に停めることができ、素晴らしい景観が楽しめます。早朝、風の出る前にはジャクソン・レイクに映る山々が美しくみえま す。
手前にワイルドフラワーが咲いているジャクソンレイク

ジェニー・レイク を訪れるときは、必ずジェニー・レイク湖畔のドライブをお楽しみ下さい。北ジェニー・レイク・ジャンクション(North Jenny Lake Junction)から入るこの道は一方通行で、南ジェニー・レイク・ジャンクション(South Jenny Lake Junction)に抜けます。途中、ジェニー・レイクのビジターセンターに寄ってもいいと思います。また、ジェニー・レイク・オーバールック (Jenny Lake Overlook)からは、美しい湖と巨大なグランドティートンの山が一望できます。
 湖畔から撮ったジェニーレイク

公園内にある礼拝 堂です。この場にふさわしく、何の飾り気もない純朴な建物で、チャペルの窓から見える十字架と重なったグランドティートンは必見。トランスフィギュレー ションとは「変貌」という意味です。この世界に入ると人はだれでも自然体に「変貌」するのかもしれません。
トランスフィギュレーション礼拝堂
トランスフィギュレーション礼拝堂