ワイオミング州 政府観光局
オールドフェイスフル間欠泉と観客
約80分ごとに約4万リットルの熱水を吹き上げるオールドフェイスフル.ガイザー
世界初の国立公園であり、世界遺産第1号(4つの自然遺産と8つの文化遺産からなる12選)に登録されたイエローストーンは、更にその周りを国有林にぐるりと取り囲まれて、原始の地球の姿と貴重な生態系を保護している国立公園です。

類まれな魅力に溢れるイエローストーンは、日本の多くの皆様にも是非訪れていただきたい国立公園です。

イエローストーン国立公園は中部ロッキー山脈上に位置することから、北米大陸の大陸分水嶺が園内南部を横切っています。公園の約3分の1が分水嶺の西側にあり、ここに降る雪や雨はスネークリバーからコロンビア川を経て太平洋に流れます。そして公園の3分の2を占める分水嶺の東側に降る雪や雨は、ミズーリ川からミシシッピ川を経てメキシコ湾に流れ込み大西洋に至ります。イエローストーンの標高の平均は2,000mから2,400mです。

イエローストーン国立公園の総面積は約9,000km2。実に日本の四国の半分に相当する広さです。公園の80%が森林、15%が草原、そして5%が湖や川で、落差94mのローワーフォールズを筆頭に100を超える滝があります。

イエローストーンの最も大きな特徴は、300以上の間欠泉を含む一万を超える熱水現象です。地表から僅か数キロ下にマグマ溜りがあるために温泉、噴気孔、間欠泉、マッドポット(泥温泉)などの活発な熱水現象が見られます。
https://www.nps.gov/yell/learn/nature/hydrothermal-features.htm

これらの熱水現象と同様に貴重なのが温泉を棲み処とする好熱性のバクテリアです。もちろん単体では肉眼で見ることができませんが、何兆という数が集まると色の塊として露わになります。これらの微生物は高温や非常に強い酸性やアルカリ性の環境にも順応することから極限性微生物とも呼ばれています。これらのバクテリアたちがイエローストーンの温泉を色鮮やかに縁取る景色は圧巻で、地球の生命の神秘を物語っています。

イエローストーン国立公園のもう一つの魅力が野生動物との遭遇です。小さい動物も含めて67種類の哺乳類が生息しています。

公園の南に広がるイエローストーンレイクは標高2,357mにあり、北米大陸の高地(2,100m以上)にある湖の中で最も大きい湖です。湖岸線は180km、湖の大きさは琵琶湖の半分より僅かに大きい350km2です。湖の周辺でも、また湖底でも熱水現象が見られます。