ワイオミング州 政府観光局
朝日を背景にするエルク。荘厳なたたずまいを見せる早朝のイエローストーンレイク
アメリカは、世界で最初に国立公園法を制定した国です。その基本は、「先祖から受け継いだ自然をそのまま人間の手を加えずに保護し、子孫に残していく」と いうものです。国立公園法の中に、「……この目的は美しい景観と自然と歴史的な対象物、そしてそこに生息する野生生物をありのままに保存するもので、未来 の幾世代もの人々が、その意に添った方法と手段を持って保存するものである……」と記されています。イエローストーン国立公園が設立されたのは1872年3月1日。同じ年、日本では福沢諭吉の「学問のすすめ」が出始めましたが、幕末から明治時代 (1868年が明治元年)に入ったばかりの日本は、国民の将来の為に「自然保護や保存」をするというレベルの考えにはまだまだ及ばなかったようです。日本 で国立公園が初めて誕生したのは1934年(昭和9年)のこと。アメリカは自然保護と保存の分野でも世界の最先端をいっていたのです。